第一候補にインプラント

インプラントは安心の治療法です。

歯が抜けた場合の治療法は、大きく分けて三つあります。

入れ歯がブリッジかインプラントです。

銀座の歯医者の情報が豊富です。

入れ歯は低価格で一般的で多くの人が好んで用います。


歯がまとめて抜けてしまっている場合は、この方法が適しています。しかし、手入れがめんどうなのがネックとなります。いちいち取り外して磨き専用の手入れ剤が必要となってきます。

ブリッジも比較的安価な治療法です。
しかも、もちもいいですし安定感が得られます。

しかし、ブリッジは両端の歯を削る必要があります。


特に両端の歯が健康な場合にその歯を削らないといけないのは、やはりダメージが大きいです。その点、インプラントは安心、安全の治療法です。
まず、土台を歯茎に埋め込みます。

そしてその上に歯をはめ込みます。


土台を埋め込むという点で心配されるかもしれませんが、問題はありません。

手術と同じで、局部麻酔を打ちますので痛みを伴うことはありません。

当然、術後麻酔が切れれば少しの痛みは生じます。

抜歯程度の痛みで、耐えられないものでは決してありません。

また入院等も必要ありませんし、痛みが続くこともありません。
そして、インプラントの場合、衛生的によいです。

入れ歯だと、専用の洗浄剤が必要ですし、ブリッジの場合、ブリッジの下の部分が不衛生になりやすい弱点があります。

しかし、インプラントの場合、ほかの歯と同じ様に磨くことができます。

つまりキレイな状態を維持できるわけです。

また、自分の元からある歯と全く変わらない感じで使用できます。

違和感なく生活を送ることができますし、噛む喜びも味わうことができます。

噛めるということは、あごに力が伝わるので、口周辺の筋肉を引き続き保てます。


これは、入れ歯やブリッジでは難しい部分です。インプラント治療は、よい歯科医を自分でしっかりと調べれば、一番安心してできる、しかも一番長く持つ治療法です。もし歯が抜けてしまった場合、第一候補にインプラントをあげることができます。

矯正歯科医院で使用される固定式の矯正装置は計画的な治療を行う上で効果のあるものです。
患者様が自ら取り外しできるタイプの矯正装置では長期的に一定の力をかけ歯列を移動させる事が困難になるケースがあります。
それ故に、固定式の矯正装置は効果的に治療を進めるためには必要不可欠な方法なのです。


この矯正歯科で使用される固定式の装置には様々な種類があり、その特徴が異なります。


ここでは矯正歯科で使用される固定式の矯正装置の種類についてお話致します。先ず最初に、矯正歯科で使用される代表的な固定式装置としてマルチブラケットがあります。

これは歯にワイヤーを着用する事で歯列を移動させ、歯並びを整えるものです。
このワイヤーの素材には金属、セラミック、プラスチックなどがあり、その目的に応じ使い分けられています。

次に、矯正歯科で使用される固定式の装置としてホールディングアーチと呼ばれるものがあります。


このホールディングアーチは抜歯でできた空間への歯の移動を防ぐもので、奥歯の大臼歯をバンドで固定し、奥歯をしっかりと固定して歯が移動してしまう事を防ぐ方法です。

次に、矯正歯科で使用される固定式の矯正装置に急速拡大装置があります。
この急速拡大装置は奥歯に金属製のバンドを巻きつけ強い力をかけ顎の幅や歯列を整えていきます。

この固定式の強制装置の使用は顎の骨の成長が止まっていない方を対象としており、この装置を活用する事で短期間で歯列を整える事が可能になります。

歯医者なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

そして最後に、固定式の歯列矯正装置としてリンガルアーチと呼ばれるものがあります。

このリンガルアーチとは左右の奥歯に金属製のバンドを巻き、歯列の幅を調整する際に使用します。このリンガルアーチは使用する針金で歯列の調整の微調整が行えるために大変便利な装置です。

このように矯正歯科で使用される固定式の矯正装置には様々な種類があります。
矯正歯科の治療では患者様の症状に応じこれらの装置を使い分けています。

連れ合いがうつになってしまったら・・・特に夫がうつになって働けなくなってしまった場合、暮らしは一変します。

妻が働いている場合でも、夫の収入がなくなったら暮らし向きは完全に悪くなります。
妻が働いていない場合は収入がなくなります。

夫が仮に傷病休暇を取っている場合、とりあえず暮らしていけるだけの収入は得られ、猶予期間は与えられますが、傷病休暇の間にうつを治さなければと焦りがちです。

こんなとき妻としてはどう夫に接したら良いのでしょうか。



まず、夫に「頑張って」「すぐに治るわ」などとプレッシャーを与える言葉をかけるのは御法度です。

まずは主治医との連携をとって、うつになった夫を「休ませる」のが先決です。
とはいえ、一日中寝たきりにしていたら治るうつも治りません。不眠であっても朝はちゃんと起きて太陽の光を浴びること、食欲不振であっても3食はきちんと食べること、そして出来れば日中に30分ほどでいいので散歩すること。

つまり仕事のない「普通の暮らし」をさせることがうつの改善につながります。

またアルコールを飲む習慣のある場合、うつの治療期間はアルコールを断ちましょう。

薬との相性がよくないですし、うつを悪化・長期間化させる可能性がありますし、アルコール中毒に陥りがちです。


会社の人から「飲みに来るだけでいいから来なよ」みたいなお誘いがあっても、やんわりとお断りしましょう。

では夫が職を失ってしまって妻が仕事をしていない場合はどうしたらよいのでしょうか。傷病年金は夫が年金を欠かさず収めていて、うつが1年半以上続いている場合には申請する権利があります。
生活保護は、他に金銭的な援助を得られるツテがない場合には申請できます。


持ち家などは手放さなければなりませんが、標準的な4人家族(夫婦、子ども2人)であれば約22万の支給が見込まれ、その他にも高校授業料免除など様々な無料特権があるため、贅沢しなければ暮らしていけるだけのお金は手に入ります。